003004


 アメリカンス
 ピリッツライトと
 手巻煙草セツト

ガンなど病気になると、禁酒・禁煙をされる方が多いと思いますが、、

Wikipediaによると、長寿で有名な泉重千代さんは、 
たばこを
70歳頃からセブンスターを1日に3本から4本程度吸っていたが、
体調を崩した際に主治医から煙草が健康に害があると聞かされて、
116歳とされる頃にやめた。
 
六号通り診療所所長のブログ によると 一部抜粋
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2008-09-30
アルツハイマー型認知症の発症と、
タバコの量との間には、負の相関があります。
要するに、タバコを吸う人の方が、アルツハイマーにはなり難いのです。
しかも、タバコの量が多いほど、その効果は強いのです。
あるデータでは、タバコを1日20本吸うと、
吸わない人の半分しかアルツハイマーにはなりません。


禁煙の風潮が異常とずいぶん前から感じていました。
ネットで検索してみると、前記の記事をみつけました。

パーキンソン病とボケ防止に、タイセミナー旅行後からタバコを始めました。
と、言ってもまだ一日に1本だけで、金魚でプカプカ状態ですけど、、

タバコには、こだわって無添加のアメリカンスピリッツライト 460円
手巻煙草、 タイ在自由の手巻煙草歴20年の方に貰ったものにしています。

アハハ~ 60歳にして 喫煙 ボケずに長生きします。
喫煙してますというのも、恥ずかしい吸い方と本数ですけど、、