006







百姓屋敷わらの風景
いびきは周りの人に迷惑なだけでなく、睡眠時無呼吸症候群などの可能性があります。
しかし、眠っているときなので、気づいていない人も多いです。
確実に口を開けて寝ているので、口呼吸になっています。

舌の付け根の部分を鍛えて、上気道を塞がないようにしましょう。
舌根を鍛えるには、「あいうべ体操」が有効です。
口を大きく「あ~」「い~」「う~」「べ~」と動かします。
「べ~」の時には、アカンベエで舌を出します。
運動ですから、できるだけ大げさにします。
声は小さい方がやりやすいです。

寝るときの、防止グッズも利用してください。
ルシータなどを利用してもよいですが、
毎日のことですから、紙テープやバンドエイドなどの絆創膏を貼っていいかな~
ガーゼのマスクを口にかけても良いでしょう。

工夫して寝ると、安眠が出来て喉が渇かなくてよいです。
雑菌が口から入るのを防いで、鼻からの温かい空気が肺に入ります。
免疫力アップ、間違いなし  ゚+.(・∀・)゚+.゚

アトピーや花粉症も改善するかも w(゚o゚)w オオー!