ヤフーニュース 産経新聞 から
南海トラフ地震対策最終報告 備蓄態勢の見直し不可欠 静岡

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000041-san-l22
28日に内閣府の作業部会が発表した南海トラフ巨大地震対策の最終報告では、発生前の予知について「困難」とし、1週間分の水や食料の備蓄を求めるなど発生後の被害を抑えることを重視した。県はすでに突発型の地震に対応した訓練を行うなど、「予知に頼らない防災態勢づくり」を進めているが、最終報告も踏まえて6月に県が独自にまとめる第4次被害想定に基づき、食料などの備蓄態勢を中心に、防災対策を改めて考え直すことが必要となりそうだ。
 以下 省略

備蓄が1週間も必要とは、大変なことです。
不安を煽られているような気がしますけど、、 Σ( ̄ロ ̄|||)

断食を経験して、3日間食べなくても大丈夫だったので、
食料の備蓄は無くても良いかな? 
水は、毎日10㍑は汲み置きしているので~
今のままで、不安はありません。

災害や事故など、不慮の出来事に対しての心構えは出来ていますか?

私は、病気も含めて、覚悟は出来ています。
もちろん動揺するでしょうが、運命と素直に受け入れるつもりです。
60年間精一杯生きてきました、やり残したことはありません。

これからやりたいこと、夢もあります。
みなさまに健康についてのアドバイスをしているので、
100歳までは生きていたいです。
命が無くなる迄、みなさまのお役に立つように生きていくつもりですが、
明日に死んでも、後悔はありません。

無職で年金生活。 怖いものなしです~ (⌒-⌒)