手当の定番です~

母が足の甲を捻ってしまい、熱をもって痛がるので湿布してみました。
良く効きます、張ったら痛みが引きました。 
今日で3日目です。 ヾ(=^▽^=)ノ

生の里芋をすります、量は患部により適宜
小麦粉を混ぜて、垂れない固さ・耳たぶ位の固さにします。
カーゼまたは綿の布・キッチンペーパーなどに1㌢位の厚さに伸ばします。
患部に張り、テープや包帯などで固定します。 
生姜を1割ぐらい混ぜたほうが良いです~

毒だしには、生姜パスター(湿布)で温めてからするとよいでしょう。
良く効きますので、症状に合わせてください。
里芋は身体を冷やしてくれます。熱のあるときに効果を発揮します。

生の里芋でなく、里芋粉を利用しても良いでしょう。
里芋粉の場合、酵素を入れる必要があるので、
少量の生野菜をすって入れると良いでしょう。

ガンなどの毒出しには、注意が必要です。
効能や効果を理解して、適切にしてください。
身体が冷えて症状が悪化することもあります。
熱心に里芋パスターをして、悪化させた人を知っています。

手当しても症状が改善しない場合は、手当て法が間違っているかも、、