a0002_009211






靴下の重ね履きです~

靴下を重ねばきすると、足元が暖かくなり血の巡りがよくなります。
足元から毒がどんどん出ます。
足の裏には体のどの部分よりも汗腺が多くあり、内臓のツボも多いからです。

特に、絹は毒素をよく吸収します、絹の5本指の靴下を一番先にはきます。
5本指がよいのは、指と指との間から出る毒素をよく吸いとってくれるからです。

次にやはり吸収力に優れている木綿の靴下をはきます。
二枚目以降は普通の形の靴下です。 ヾ(=^▽^=)ノ

身体の毒が出ますと、絹の靴下がすぐに薄くなり破れます。
毒が出て身体が整ってくると、破れなくなります。
始めた当初はずくに破れましたが、今は長持ちしています。

夏の間、自宅ではエアコンを使わないので素足でおります。
出かけるときは、絹の靴下に木綿の靴下を重ねます。
大きめの靴を履いています。
瓜生先生は、5枚位履いてみえました。 (・◇・)ゞ