a1180_000802






9月1日は防災の日でした、、

Wikipediaによると
防災の日(ぼうさいのひ)は、日本の記念日である。「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととし、毎年9月1日を中心として「防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事」が実施される。また、「防災の日」を含む1週間を防災週間として、様々な国民運動が行われる。

ということで、マスメディアでは
避難場所の確認や非常持ち出し袋を用意して
電池やミネラルウォーター、缶詰などの用意・点検
後々使用できるように水やインスタント食品を別にストックしておく
家具や家電が危険なものでないかなど、家の内外の点検をしましょう 
などと報道していました。


避難場所や家の内外の点検は必要と思いますけど、、(*`Д')
非常食の宣伝をしているような報道
不安を煽るような報道ばかりと感じましたが、、、

3日間ぐらい食べなくても平気という、訓練をしておいた方が
物資にとらわれることなく、安心感が得られまたす。
体質改善にもなりますから、断食体験をお勧めします。

最初から3日間の断食は復食が難しいですから、
自分で行う場合は、週一日あるいは、月に一日の断食にしてください。

3日以上の断食をおこなう場合は、復食の失敗で身体を壊すことがありますので
しかるべく先生や道場で行ってください。

非常食の備蓄更新に伴う、購入や消費も必要なくなります。

みなさまも、防災について自分なりの方法を考えてみてください。(*´∇`*)