クマともりとひと―だれかに伝えたい、いまとても大切な話

是非、みなさまに読んで頂きたい本です!!
今から18年前、兵庫県のある中学校の生徒たちが、理科の先生といっしょに、クマのため、人のため、全生物のため、クマと森を守ろうと立ち上がりました。全国各地で共感を呼ぶ、熊森活動の全記録。

クマを守ることは、森の自然を守りということです。
水を守り、農業をまもり、魚漁業を守るということです。
広葉樹が水を貯めて、土砂崩れも防げます。

クマを含めた動物が人間と共存するために、気づきになります。
みんなで考えて、行動しましょう。

読んで頂けませんか? お願いします、~ (*・ω・)ノ