公開日: 2013/09/25
プレスクラブ(2013年09月24日)
遠隔操作ウイルス事件続報
共犯者の可能性を持ち出し始めた検察
片山被告弁護団会見
 遠隔操作ウィルス事件で現在勾留中の片山祐輔氏の弁護団が24日、公判前整理手続きの­後記者会見を開き、検察側が遠隔操作ウィルス事件で共犯者がいる可能性に言及をしたこ­とを明らかにした。

 佐藤博史弁護士は記者会見に先立つ公判前整理手続きの中で、「片山氏が(雲取山に)U­SBメモリを埋めた人物でないとしても、共犯者か情報を知らない第三者に埋めさせた可­能性が残ると明言した」と語り、検察側が初めて共犯者の存在に言及したことを明らかに­した。

 また、弁護人の一人である木谷明弁護士は、長期勾留が続く片山被告の保釈を申し入れた­ことに対して、検察官から弁護側が検察の請求している証拠に全て同意し、片山氏が自白­すれば、保釈の意見を提出する」との発言があったことを明らかにした上で、「まさに人­質司法そのものだ」とこれを厳しく批判した。