よみがえる千島学説―間違いだらけの現代医療



よみがえる千島学説―間違いだらけの現代医療
著者 忰山紀一 (株)なずなワールド 1998

ウィキペディアによると

千島学説に基づく様々な主張

◎癌細胞血球由来説

千島学説では、「癌(悪性腫瘍)は癌細胞が細胞分裂して生じるのではなく、病的状態の赤血球が融け合った集合体から発生する」とされる。

この主張に関して述べられた書籍『癌を克服するために』は、主にガン問題を取り扱うNPO法人(申請中)「じあいネット」の顧問である医師・後藤など、本説に肯定的な医学者の間で読まれている。
ヒト赤血球は脱核しており、ゲノムDNAおよびミトコンドリアDNAを持っていない。癌細胞はDNAを持っているため、赤血球が癌細胞になることはありえない。
◎「実験をやらない不自然さ」の主張
「千島学説が誤りであるならば、追試を行ってその誤りを指摘すればよいはずだが、何故か実験が行われた験しがない」のは不自然であるという主張。これに関して特に有名なのが、1968年衆議院科学技術振興対策特別委員会での齋藤憲三の発言である。

現代医学では否定されているようですが、これが真実ではないでしょうか?
難しい内容ですが、ぜひお読みください。