a1180_001646
どのように考えていますか??
輸血は、50%の確率で死にいたる可能性があるのです。血は少なくなれば、塩水を補うことで、生命を保つことができます。アメリカのある病院では、輸血をしない治療法が行われ、ここでの外科手術の死亡率は、極めて低いそうです。

血液が人の生命の本体であれば、輸血は他人の生命をもって自分の生命に置きかえているようなものである。1リットルの血液を失ったら1リットルの血液を補充するというのは、人間を機械と考えている現代医学の退廃を示すものだろう。
(「よみがえる千島学説」より引用)

えっ!! 驚きですね !! Σ(´д`;)

病気で手術しないように、生活習慣を変えましょう。

事故に合ったときは、どうしましょう  
事故に、ご注意ください!!  (((( ;゚д゚)))