お金のいらない国

行ってみたいですね~
知人の本です。長島龍人 著
①から④まであります。是非お読みください。 

①とつぜんお金の無い国にきてしまった私。その国のとんでもない価値観と人々の生活に戸惑うが、次第になじみ共感してゆく。現代生活に疑問を投げかける短編小説。
②結婚って? 家族って?
③病院の役割は?
④学校は? 教育は?