放射線治療ずれた位置に照射か
「自分で治す」 信念が必要です。
生活習慣を見直して、がんにも負けません~

NHKニュースより 転載
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131225/k10014107331000.html


神奈川県伊勢原市にある東海大学医学部付属病院は、子宮がんなどの放射線治療を行ったおよそ100人の患者に対して、患部からおよそ3センチずれたところに誤って放射線を当てていた可能性があることを明らかにしました。
患者の健康被害などは今のところ確認されていないとしていますが、病院は影響と原因を調べることにしています。

東海大学医学部付属病院によりますと、子宮がんの放射線治療をする装置を調べていたところ、患部からおよそ3センチずれたところに誤って放射線を当てていたことが先月25日に分かったということです。
この装置を使って治療を受けていた可能性があるのは、平成19年5月から先月までに病院で放射線治療を受けたおよそ100人で、患部に当たる放射線量がおよそ10%減るため、治療効果が低下したおそれがあるとともに、ぼうこうなどに過剰に放射線が当たったおそれがあるということです。
これによる健康被害は確認されていないということですが、病院は、放射線治療に詳しい専門家などの協力も得て影響と原因を調べることにしています。
東海大医学部付属病院の猪口貞樹病院長は、「患者の皆様に対し信頼に添えない結果となり、大変申し訳ありません」と謝罪しました。