a1180_010695
手作り酵素の特徴です~
◎市販の酵素は清涼飲料水に分類され、
  加熱による殺菌が義務づけされています。
  植物の酵素のほとんどが、50℃~60℃壊れてしまいます。
  自分で作れば、加熱殺菌しないので、酵素が生きています。

◎手作り酵素は醗酵飲料です。

◎良い醗酵をする材料に合った菌が必要です。
  手作り酵素は、正しく醗酵させるために醗酵剤(響魂)を使います。
  毒素を持つ菌が発生する場合もあります、
  安全に作るためには醗酵剤は必需品です。

◎家族全員の手でかき混ぜることにより、
  家族の「常在菌」が入り自分たちを守ってくれます。
  人の身体は、8㎝の厚さの常在菌で覆われています。

◎季節の旬の時期にとれたもので作ります。
  季節に合わせて飲みます。春の酵素は4月~9月末までに。

◎白砂糖を使います。
  砂糖の浸透圧で酵素を酵素を取り出します。
  白砂糖は身体によくないと思い、黒砂糖を使うと
  不純物が混じっているので異常醗酵して失敗します。
  醗酵中にショ糖(2糖類)は、ブドウ糖と果糖の単糖に分解されます。
  醗酵により、砂糖の害はなくなります。

◎「海の精」は、栄養バランスを整え、雑菌を抑え、不必要な醗酵を抑えます。

ということで、作り方は習った方に教わってください。
使い方ものイロイロも教えてくださいます。 Σヾ( ̄0 ̄;ノ

今まで、いい加減に作っていました。
今回、春の手作り酵素を作りに池田町へ行き、
作り方の冊子を頂きじっくり読んで、考えを変えました。

「手作り酵素」を作って健やかな毎日を過ごしてください。(☆゚∀゚)