2014/03/06 に公開

堤 未果(つつみ みか )さんは、日本のジャーナリスト、著作家。今、アメリカで
は国家が株式会社化するという問題がおこっていることを語っています。     --------------------
国家が株式会社化する
企業が買えないものはない
 政治も買える→献金
 お金を出した者勝ち
 →企業に都合が良いようになる
 →もっとたくさん献金をもらわないと選挙に勝てない
 →献金が増えてその見返りをしないといけない
 →政府は企業の言いなりになる
オバマ氏も多額の献金を受けているし、返している

多額な献金をしても、法改正さえしてもらえれば見返りに旨みがある

ソフトニュースばかりになる

ネットニュースもすでに取捨選択されてしまっている

株式会社、貧困大国アメリカであって、国家ではない

1%が日本に旨みがあれば日本に来る

韓国はすごい勢いで変わっている

TPPの前にすでに市場として、遺伝子組み換えを輸入している

TPPの影で、チョコちょこ小さい法がいじられている

良心はないのか?

企業にできることは法律で規制することしかない

→政治に無関心ではいけない
 企業は選挙のあともしっかり働きかけをしている
 →もっと情熱を注ぐべし ----------------------

聞き手:蒲田健

ラジオ版学問のススメ:203年8月20日放送分より。

著書
2010年1月 『ルポ貧困大国アメリカ II』(岩波新書)、
2010年3月 『アメリカから〈自由〉が消える』(扶桑社新書)
2010年12月 『もうひとつの核なき世界』(小学館)
2011年2月 『社会の真実の見つけ方』(岩波ジュニア新書)
2012年3月 『政府は必ず嘘をつく』(角川SSC新書)
2013年6月 『(株)貧困大国アメリカ』(岩波新書)