a1180_009968
焦げ付かないので、便利に使っている方も多いかと思いますが、、
テフロン加工は、耐熱性は260℃前後と考えられます。
フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。

テフロンはデュポン㈱の商標名が一般化したものです。
フッ素樹脂の耐熱温度はそれほど高くなく、350℃温度を超えると有毒ガスになります。

フライパンは空焚きをする機会が多いです。
空焚きをすると、危険ということです。

◎カセットコンロによりフライパンを加熱すると5分で370℃に達します。
  ガスの発生は目視では感知できないようです。

加えて、寿命がとても短いです。メーカーはテフロンのフライパンを販売します。
テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。
プロの厨房では、テフロンのフライパンは使いません。

フライパンは、鉄のものが良いかと思います。