a0960_001233
ずいぶん前に、テレビで話題になっていたとか、、知りませんでした。
JA中野市のHPより 引用
http://www.ja-nakanoshi.iijan.or.jp/life_info/enoki_ice.html
メタボリックを防ぎ血液をサラサラにすると話題の「えのき氷」。エノキタケ生産量日本一の産地、中野市から発信する簡単レシピが注目されています。
信州きのこマイスター認定協議会と信州きのこマイスターCLUB(クラブ)は、中野地域職業訓練センターで「えのき氷をつくろう会」を開き、20人が参加しました。
「えのき氷」とは、エノキタケをミキサーでペースト状にして、1時間煮出し製氷皿で凍らせたもの。長期間保存ができ、みそ汁やカレー、煮物、炒め物などに 入れて使うと不足しがちな食物繊維が簡単にとれます。日常的に食べることで、便秘の解消や免疫力が向上するなど、生活習慣病の改善につながります。
講習会では信州きのこマイスターが講師となり、「えのき氷」の機能性の説明と、「えのき氷」を使った簡単レシピを紹介。参加者は豆腐のお吸い物とプリンを 試食し、「くせがなくおいしい」「味がまろやかになり食べやすい。簡単に作れるので毎日続けられる」などと話していました。

エノキタケ(根元を切り落とし3等分に切る) 300g 水 400cc
  (製氷皿 2枚分)
1.エノキタケと水をミキサーに入れて30秒ほど粉砕する
2.鍋に1.を入れて強火で1分~2分加熱
3.弱火にし30分ほど焦げないように加熱する
4.粗熱をとり、冷凍庫で保存

ひと手間加えることで食物繊維の働きアップ!!
☆煮つめる…(熱による成分抽出) ☆冷凍する…(細胞壁の冷凍分解)

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

まだ、試していません。
手間もかからないようなので、試してみたいと思います~(*´Д`*)