a0006_000414
どうなっているのかな~ !!?
今回も、想像です。
医者でも、研究者でもないので、ニュースなどを参考にして、妄想しています。

千島学説は、現代医学に無視され続けています。
代替療法の分野や東洋医学に、支持されています。

実際、余命宣告をされた方でも、
代替療法でガンを克服された方を数え切れないくらい知っています。
食事療法・温熱療法・運動療法を用い、加えて心の持ち方・生き方を変えました。

現代医学は、手術・抗がん剤・放射線で治療ですが、
医師の余命宣告通りに亡くなる方が大多数です。

STAP細胞は、千島学説を裏付けるものなのでしょう。
STAP細胞が見つかり、治療方法が変われば、今の医療界の利権が失くなってしまいます。
謂れのない難癖を付けられ、葬り去られようとしているのだと思います。

笹井センター長は、自殺(?)されてしまいました。
アメリカ・ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授は、
勤務先の病院を1年間休職されるるようです。
小保方晴子さんには、頑張って再現して頂きたいと思います。

ガンから生還される方が増えて、ガンの呪縛から解き放され
千島学説の真実が世の中に広まる人を願っています。ヾ(=^▽^=)ノ