a1080_000041
ということは、元気なあなたもガン細胞をもっているのです。
よみがえる千島学説 より引用

加藤氏は過去、見放されたたくさんのガン患者の治療をしてきて、その体験からつぎのようなことを直感的に知った。
①40歳を過ぎればほとんどの人がガン細胞をもっている。そのガン細胞を病院の検査で発見され、現代医学の治療を受けた人が死んでいる。
②ガン細胞は、食生活をはじめとする生活改善をすればそれ以上に大きくならない。いやそれどころか小さくなっていく。ガン細胞が消滅しないまでも、ガン細胞と共存して生きていくことができる。
③病院で過酷な検査をうけ、手術・抗がん剤投与・放射線を照射された患者は、正常細胞を痛めている。その結果、腸の絨毛をやられた人は、ほとんど回復しない。

引用終

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

がんと診断されたら、治療を辞退して、生活習慣の見直しと、改善ですね。
少食にして、運動習慣をつける、考え方・生き方を見直す。

できることから、改善していきましょう。ヾ(=^▽^=)ノ