リチャード・コシミズの未来の歴史教科書
お勧めの1冊です~
知らずに生きるのは悲しすぎる!
本来は教科書が語るべき、真実の歴史
真実を知り、今、何をすべきかを知ってください。
そして行動してください。
日本と世界を、我々の未来の子孫を守るために。

世界権力が強行している日本からの資産の略奪と、彼らの目論む極東での戦乱惹起を妨害し、諦念させるには、我々大衆が真実を知ることが先決です。多くの人々に真実を知らしめ、覚醒を促すために、本書は存在します。

目次
[はじめに]
[第1章]戦後70年は日本人劣化の歴史
[第2章]からゆきさんと日本の近代化
[第3章]安政東海地震と日露関係
[第4章]幕末貨幣改鋳・南北戦争・戊辰戦争
[第5章]安心安全な食材の歴史
[第6章]戦闘機パイロットの生と死
[第7章]火星のトカゲとリス??
[第8章]アドルフ・ロスチャイルド・ヒットラー
[第9章]日韓併合とオウム事件の関係
[付章]不正選挙追及が未来の日本をつくる
[おわりに]

著者について  リチャード・コシミズ
知性と正義感を唯一の武器とする非暴力ネット・ジャーナリスト。
1955年東京生まれ。青山学院大学 卒業後、商社勤務中に同僚の保険金殺人事件に遭遇、警視庁に告発すると同時にネットで情報を公開した。しかし警察は訴えを門前払いにして受理しなかった。 これをもってネット・ジャーナリスト活動の原点とする。その後、オウム事件、911テロ事件、さらには巨大宗教団体の背後の「ユダヤ金融資本権力」の存在 を指摘し、旺盛な言論活動を展開、ウェブサイトは累計1億アクセス超と絶大な支持を受けている。全国各地で講演会・勉強会を手弁当で開催し、その模様を惜 しげもなく公開している。2007年には自身の後援会「独立党」を結成、2012年の衆院選、2013年の参院選挙における「不正選挙」を糾弾し、全国各 地で訴訟を提起、その一部始終を自サイトで公開している。過去の著書10作はすべて自費出版で刊行されており、本書が初の公刊書となる。