やってみました! 1日1食

――「1日1食」は日本全国に広がる一大ムーブメントです――
「ファスティング」(断食・少食)がどれだけ病に効果を発揮するのかを解説し、
話題を呼んだ前作『3日食べなきゃ、7割治る! 』の大反響を受け、
「1日1食」を始めた年代も性別もさまざまな人たちの証言を盛り込んだ実践篇。
ビートたけしさんやタモリさんなどの有名人たちの多くも実行している、
従来の健康観を打ち壊す“新常識"を、その効能とともに提案します。

やってみました! 1日1食◎もくじ
プロローグ――あの人も、この人もどんどん始めてる!
第1章 やってみました! 一日一食
   ヨガの教え「食べない工夫を! 」
   「空腹感」は「幸福感」
   一日一食がくれたプレゼント
   食べなきゃ死ぬという洗脳
第2章 やってビックリ、からだも軽い
   素晴らしい一日一食! 「効能」15大ポイント
   激しい運動でも心配なし――体験者の声1・極真空手の師範代
   30年来の痛風も鎮まった――体験者の声2・タクシードライバー
   「食べないと筋肉が落ちる」はウソだった――体験者の声3・ボディビルダー
       糖尿病インスリン注射を1カ月で離脱――体験者の声4・会社社長
   空腹で気持ちよくシェイプアップ――体験者の声5・カイロプラクティック講師
   医者も認める一日一食――体験者の声6・救命救急医
   53日半断食(! )をクリア――体験者の声7・医療研究家
第3章 食べない人は、なぜ若々しい?
   半分食べれば、2倍長生きできる
   一日一食、ガンも防ぎ、ボケも防ぐ
   長寿遺伝子をオンにする方法
   脳が生き生きと若返り、知的な老後が待っている!
   筋肉を鍛えて、若返りホルモンを出そう
第4章 長寿者たちの食卓に学ぼう
   極少食で102歳の天寿を全うしたコルナロ
   「若々しくあれ! 」伝説ナチュラリスト
   世界の長寿郷の百寿者に学べ!
第5章 白鵬は「少食」の力を知っていた
   落合から白鵬まで実践「ミネラルファスティング」
   なぜ日本はワールドカップで惨敗したか?
   マグネシウムは細胞のスパーク・プラグ
   「糖質制限食ダイエット」は世にも恐ろしい
   小麦でなく「カロリー減」で病気は治った
第6章 一日一食に、食べたら良いもの悪いもの
   髪黒々でアメリカで40代に見られた話
   まずは、番茶! 素晴らしい10大薬効を見よ
   すりゴマを、どっさり振りかけいただく
   サントリー「セサミン」よりは百円ショップ!
   海苔は海の野菜バリバリ食べよう!
   味噌も、世界に誇る超健康食品なのだ!
   手作り豆乳ヨーグルトは超安上がりの健康食
   カタカナ食は減らす、ひらがな食は増やす
   砂糖は猛毒、甘い物は脳を狂わせる
付録――「一日一食」を楽しむ手作りレシピ
おわりに――合い言葉は「ムリせず、気楽に、ファスティング」
長生きしたけりゃ、食べるのを減らしなさい。ムリせず、
気楽に“空腹感”は“幸福感”。ベストセラー『3日食べなきゃ、7割治る!』の実践篇。

船瀬俊介◎ふなせ・しゅんすけ
1950年、福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト。
日本消費者連盟の活動に参加、「消費者リポート」の編集などを経て、独立。
自分でも何度も実践し、その効果を体感している「断食・少食」による
自己治癒力の引き出し方を説いた『3日食べなきゃ、7割治る! 』がベストセラーに。
本書では、全国から寄せられた実践者の驚きの声を交えながら、
「1日1食」という新常識を提案する。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これからの健康法として、お勧めの断食です。
給料が上がらなくて、物価が上がっても、なんの心配も無し。
医者にかかる必要がないので、年金生活でも、将来の不安は無し。