衣食住はその人の運命を左右する―地動の説
なるほどと、感心する論理が書かれています。
現代日本人の精神構造の偏りに警告を鳴らす!!

運命は直感の強弱に支配されている。
この直感の適不適は衣食住に左右され、
ゆえに家族の善し悪しを分かつ。
これを基と成す国家も、この支配によって興亡す。

住まいや食に関して、ライフワークとして日々研究している著者が、
その真髄である呼吸技法の原理と意義を説いた異色の研究論文。

本の内容
▼初
▼住の編 呼吸する家 腐朽する家
▼食の編 呼吸する米 腐朽する米
▼終

宮基 無茶思(みやもと むちゃし) 著
昭和21年12月25日生まれ。三重県上野市玄蕃町出身。
桃青中学校卒業。昭和49年1月大手企業退職、土の製造販売業を開業。
昭和63年「縦の風の法 則」を発見す。
平成元年『呼吸する家と腐朽する家』を出版。
平成2年農業用「呼吸する土」を発表す。
平成3年生命生産技術「野生化農法」を発表す。
平成4 年生命原理を「土の食物連鎖」と解明す。
平成5年呼吸する家第1号を建て、ボランティア活動を呼吸大学と呼称する。
平成6年秘伝指南藩所を開設す。
平成7 年地球生命優先の消費者啓発活動を起こす。
平成13年1月『土』を出版。11月呼吸する家第3号棟を完工す
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ れていたものです)