a1180_015237
断食と少食が良いのです~
「よみがえる千島学説」 より引用

食べたものが血となり肉となるということでしょう。
現代医学の常識では、赤血球は老化によって核を失った、
死の一歩手前の細胞だという見方をしている。
ところが、千島学説では一転して、赤血球は核を得て
どのような細胞にもなれる前途洋洋たるみのだという。
この血液理論は、細胞は細胞でないものからできているという。
゛細胞新生説゛にもつながっている。

〇赤血球は腸で造られ、健康で栄養状態のよいとき、
  赤血球はすべての細胞に変化する。
〇からだか病気の方向にむかっているとき、
  赤血球はがん細胞や炎症細胞など病気の細胞に変化する。
〇断食や節食や大量の出血後、あるいは病気の時、
  すべての組織細胞は赤血球に逆戻りする。

引用 終

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

ということで、断食と少食でガンが消えていくメカニズムをご理解頂けたでしようか?