a0150_000137
医者でも薬剤師でもないので、的外れな答えになったらごめんなさい。
届いた質問コメントです。
>またまた、ご相談があります。
   私は、長年睡眠薬を服用しています。
   医者は、もちろん副作用について、説明はありませんでした。
   減薬や断薬について、耳を傾けてくれません。
   薬の依存性について、私が話しても、そんなことはない、と、言います。
   でも、やめたいです。が、下手にやめると、症状は悪化します。
   上手にやめる方法を、ご存じありませんか?
   因みに服用期間は20年程です。すみません。

回答です
良心的な患者本位のお医者様ももちろんいますが、
病院勤めのお医者さんは、患者さんのことより、ノルマに追われています。
製薬会社の説明をうけて、安易に処方箋を書いている医者がたくさん存在します。
副作用の勉強もしないので、説明ができないのでしょう。
薬をやめるには、医師と相談するのが一番です。

薬をやめるということは、薬に含まれている成分によって、
直接、各器官に働きかけて、ホルモンや体液を止めたりあるいは出したりしています。
薬が毎日作用するので、薬の成分が入ってくる予定のバランスになっています。
急に薬をやめると、自分でバランスが保てなくなります。
体調が崩れるのです。

やめ方の一つの方法として、このような方法もあるという程度にお聞きください。
2年ぐらい時間をかけてじっくり行ってください。
現在、薬を3錠飲んでいると仮定してみます。
①2錠に減らして、半年ぐらい様子をみる。
②大丈夫と感じたら、1.5錠にして、半年ぐらい様子をみる。
③大丈夫と感じたら、1錠にして、半年ぐらい様子をみる。
④大丈夫と感じたら、0.5錠にして、半年ぐらい様子をみる。
⑤大丈夫と感じたら、薬をやめてみる。

身体に良いことを始めても、好転反応がでます。
吐き気がしたり、熱が出たり、発疹が出たり、排毒作用です。
良いことをしても、辛い症状が出るのです。
排毒作用は、直ぐに収まる場合もありますが、何年もかかる場合もあります。

まして、身体に悪い薬を長年飲んでいたのですから、
排毒作用を伴う、好転反応は相当な苦痛を伴うと思われます。
薬をやめたいと希望されるのでしたら、覚悟が必要です。

覚せい剤をやめた人の、ブログを読んだことがありますが、
やめようと思えばやめられる。
しかし、相当な覚悟がなければ、辛いだけで挫折してしまうそうです。

自分を信じて、頑張って断薬をしてみてください。
応援しています。