a1180_015514
瞑呟(メンゲン)とも言います~
身体に合わない場合も、同じような症状が現れます。
現れた症状が、好転反応かどうかの判断が難しいです。

身体に良いことをしても、反応があります。
排毒のために、起こる不快な症状です。
自身を例にしても、断食・砂浴・靴下の重ね履き、、などで、反応がありました。

断食の時は、断食2日目に、頭痛と疲労感が襲ってきました。
砂浴の時には、熱が出て吐き気がしました。1週間寝込みました。
靴下の重ね履きの時には、足に痒みがでました。痒みは3ヶ月ほど続きました。

好転反応が出たときには、適切な手当を行ってください。
熱が出たら、頭に豆腐湿布をして、湯たんぽで身体を温める。
温熱療法アイロンで温める。横になって、安静にする。
気分が悪く吐き気がするときは、食べるのを止める。
痒みが出たら、ビワ葉エキスを塗る。。。など

注意して頂きたいのは、健康食品や化粧品を変えたときに、
起こる諸症状が、身体に合わないために起こる場合です。
好転反応という売り手の論理を信じたら、取り返しのつかないことになります。

記憶に新しいのは、カネボウの化粧品による、
肌がまだらに白くなる白斑の被害をです。

基礎化粧品は使わない・健康食品はとらない方が無難ではないでしようか?