万病を治せる妙療法―操体法 (健康双書ワイド版)
復讐のために読み返しています。新しい発見がありました。
操体法の原点の本と思います。

目次
図解でわかる操体法
1 病気はなぜ治らないのか(難病の患者
現代医学の盲点)
2 健康の原理―発想を逆転する(人間のからだのしくみ
運動系のもつ重要性 ほか)
3 健康な毎日のために―日常の操体法と健康管理(自分でやる健康検査
姿勢のよしあし ほか)
4 操体療法の実際(操体療法の極意
各部の痛みをとる ほか)

橋本敬三 先生
明治30年福島県に生まれる。小学(前半)、中学は福島県会津若松。大正10年新潟医専卒。基礎医学にゆき、同15年秋まで東北帝大生理学教室(藤田敏彦 教授)に学ぶ。臨床教室を経ず北海道函館市で民間の私立病院に飛込む。頓挫。同市学校衛生に奉職2年。社団法人病院(現在の函館中央病院の前身)勤務5 年。同市内に全科で開業5年。昭和12年第1次応召。昭和16年仙台市に移転、温古堂診療所開業。昭和19年再び応召、ソ連に抑留され23年秋帰還。 1993年1月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)