a1180_016291
睡眠時間が短いと疲れが取れません
睡眠時間は、たっぷりとってください。

では、夜寝られない時に昼寝をすると良いかということになります。
むやみな昼寝は、時差ボケの状態を作り出すことになります。
昼寝を習慣にすると、夜寝られなくなります。

睡眠時間が問題ではなく、睡眠の質が重要です。
寝だめする事はできません。
休日だけ朝寝坊するのではなく、規則正しく起床時間は同じにしたほうがよいです。
起きたら、日光に当たると身体が覚醒します。

夜の照明は落としてください。
できれば蛍光灯ではなく、白熱灯の間接照明が良いでしょう。
寝るときは、できるだけ暗くしてください。

睡眠薬に頼らず、眠れないときは、起きていればよいのではないでしょうか?
眠くなったら、寝られますから、、。・゚・(ノД`)

夜勤の方や交替勤務の方は、夜寝られなくてリズムがとれないですが
睡眠時間に拘らず、質の良い睡眠をとるような工夫をしてください。

寝る時間と起きる時間を変えることが、難しいのは判りますから、
できることから始めてください。