a1790_000001
カルシュウムは関係ないのです~
骨粗鬆症が増えたのは、骨の測定器が開発され、
測定器を売るために、病院などに設置されたからです。

測定されなければ、骨粗鬆症というのがわからないわけです。
そして、病名に合わせて薬を販売するのに都合がよいのです。

骨は、太陽を浴びてビタミンDを取り入れて、運動すればよいのです。
骨に負荷をかければ良いのです。
運動習慣がなくて、骨に負荷がかからず骨がもろくなるので、
子供からお年寄りまで、骨折が多いのです。

ゲームばかりしていたら、テレビばかり見ていたら、骨折しますよ。

骨の形成にはカルシュウムは関係ないのに、
マスコミやお医者さんに洗脳されているのです。

グルコサミン(?)とかコンドロイチン(?)とか 必要ないです。
ビタミンCは、サプリメントではなく、食事として、とったほうが良いです。

運動習慣をつけて、健やかに (´∀`*)