a1180_016910
自分でも痛みはとれます~
万病を治せる妙療法 橋本敬三 著 より引用

腰が痛ければ動いてみればよい。動くと痛かったら、動いても痛くない動きをさがしてやればよい。
まったく動くことができなければ、動かないで安静にして何日かたてば痛みがなくなります。
そのときまた動いてためしてみます。痛くない動き、気持ち良い動きを繰り返すとよくなります。
ということは、気持ちのよい動きはもとのからだにもどす動きになっているということです。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

痛いところを動かしていたら辛いだけです。
辛くても痛みがとれればよいのですが、反対に悪くなります。

痛くて動かせないときは、じっとしている。
気持ちよいことをしていると、歪みがなくなり痛みがなくなるのです。

自分で自分のからだを観察することが必要になります。
あなた任せでなくて、自分の感覚で気持ちよさを感じるのです。