暴露:スノーデンが私に託したファイル
かなり面白い本です。

アメリカの諜報、盗聴は日本もターゲットだった!
いま、すべてを白日の下にさらす!

世界24ヵ国同時刊行! 未公表の最高機密文書、多数収録!

マスメディアの自由闊達な精神の保持と
インターネットの自由のために戦ってください。
私は政府の最も暗い一角で働いてきました。
彼らが恐れるのは光です。
──エドワード・ジョセフ・スノーデン──

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に在籍した
エドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な機密文書を著者に託した。
香港で密会した情報提供者の実像、そして文書の戦慄すべき全貌――。
一連の報道で英紙<ガーディアン>にピューリッツァー賞をもたらした当人がいま、
すべてを明かす。

≪数々の未公開機密文書で明らかになる驚愕の「諜報活動」の実像! ≫

・スパイソフトを埋め込んだ米国製PC、ルーター、サーバーが、日本を含む世界へ拡散
・外交スパイ活動は日本もターゲット。日本の国連代表部をはじめ、外交施設諜報先と全手口
・諜報機関と密接な、米通商代表部、農務省、財務省、商務省。対日本など経済スパイの実態。
・スパイ活動のノウハウは日本にも。NSAの活動資金提供国、額一覧。
・最終目標は世界中全ての情報収集。内部文書が示す、NSA長官の野望。
・顧客の通信・通話データを提出せよ。政府要請に応じた通信、IT企業名。
・もはやクラウド、SNSも諜報対象に。開発される収集プログラム。
・米国のあらゆる諜報活動を可能にする「外国諜報活動監視裁判所」とは。
・諜報能力はハイレベル、在日米軍・三沢安全保障作戦センター。

スノーデン「未公表機密情報」本がついに刊行!

あのエドワード・スノーデンと真っ先に密会し、心から信頼を寄せた
彼から自身の運命と数万に及ぶ膨大な機密文書を託されたジャーナリスト、
グレン・グリーンウォルドが、未公開の機密文書を多数収録した
『暴露 スノーデンが私に託したファイル』を、世界24か国で同時刊行します。
日本版は5月14日発売。

NSA(国家安全保障局)とCIA(中央情報局)という合衆国の二大情報
機関に在籍したスノーデン。彼は、米政府がNSAを使って秘密裏に、
すさまじい量の個人情報をネット上で監視、収集していたことを告発、暴露し、
全世界に衝撃を与えました。

スノーデンの一連の告発記事により英紙<ガーディアン>は、本年度の
ピューリッツァー賞を受賞しましたが、その栄誉をもたらした立役者が、
今回の本の著者であるグレン・グリーンウォルドです。

グレン・グリーンウォルド Glenn Greenwald 著
1967年、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ワシントン大学卒業、ニューヨーク大学法科大学院修了。
ジャーナリスト、弁護士。〈ガーディアン〉〈サロン〉などに寄稿するほか、著者多数。
スノーデン文書のスクープを筆頭に、調査報道で数々の賞を受賞。2014年初頭、新たなメディア媒体
〈インターセプト〉を共同創刊。ブラジル在住。