a0070_000253
風邪予防に、暖かくして寝ることは大事です。
寒いと寝つきが悪くなります。
暖かい布団で、ゆっくり寝ることは疲れをとる基本です。

布団を温めるのには、「湯たんぽ」を活用してください。
安価で安全です。
ゴム製の湯たんぽは身体に沿って、軽くて使いやすいです。
それでもまだ冷たい場合は、靴下を履いてください。

電気毛布・電気こたつは、電磁波の影響で疲れがたまります。
疲れがとれませんので、使わないでください。

睡眠は明日の活力のためにも、しっかりとってください。