未来食―環境汚染時代をおいしく生き抜く
つぶつぶ・雑穀の本です。
地球をまるごと元気にする、新しい"食"の考え方 食べることは「命を運営すること」。危険な食材に囲まれた現代で、未来へ命をつなぐための食生活術が「未来食」。食べ物を自然のルールで育て、調理する食生活は、地球まるごとの生命力を創造する---。

本書は、食べ物と人と地球のバランスやメカニズムを、図版なども盛り込んでわかりやすく解説した、新しい自然食の手引き書です。「未来食」の基本は、穀物を メインに、海の塩、野菜、海草を組み合わせた穀物菜食。食材の解説や調理法、献立パターンなどの基礎情報に、モチアワクリームグラタン、ヒエシュウマイな どレシピも掲載されているので、考え方から行動・実践までの、未来食の全体像がわかるものになっています。
また、本書のあとに、たくさんの読者のリクエストにより出版された、未来食実践レシピ集『未来食つぶつぶクッキング』も発行されています。


奪われた快楽をとりもどす世紀の大冒険!体と地球の生命力を取り戻す食のニューパラダイム。「いのち」を支える「食べ物の生命力」。
自分の食生活をチェックできる「食と命のバランスシート」や、知らないうちに日本人の食生活を侵略していた「食インベーダー」の話など、体と地球の生命力を取り戻す、未来食グルメを提案する。