原爆の秘密 (国内編)昭和天皇は知っていた
あまりの悔しさに、涙が止まりませんでした。
真実は、周到に隠されているのです。
日本人はまだ原爆の真実を知らない
原爆はどうして広島と長崎に落とされたのか?多くの本は、軍国主義国家たる日本を敗北させるために、また、ソヴィエトが日本進攻をする前に落とした、とか書いている。なかでも、アメリカ軍が日本本土に上陸して決戦となれば多数の死者を出すことが考えられる ので、しかたなく原爆を投下した、という説が有力である。しかし私は広島と長崎に原爆が落とされた最大の原因は、核兵器カルテルが狂気ともいえる金儲けに 走ったからであるとする説を推す。本書はこの私の推論が正しいことを立証するものである。ただ、その過程では、日本人として知るに堪えない数々の事実が浮 上してくる。読者よ、どうか最後まで、この国の隠された歴史を暴く旅におつき合いいただきたい。それこそが、より確かな明日を築くための寄辺となるであろ うから。

鬼塚 英昭
ノンフィクション作家。大分県別府市在住。内外の膨大な史資料を縦横に駆使し、タブーを恐れぬ問題作を次々と発表する。昭和天皇の隠し 財産を暴いた『天皇のロザリオ』、敗戦史の暗部に斬り込んだ『日本のいちばん醜い日』、経済マスコミが触れないゴールドの世界を解明した『金の値段の裏のウラ』(いずれも成甲書房刊)で確かな読者を獲得、インターネット上の論戦を巻き起こした、今もっとも刺激的な書き手である。