日本の本当の黒幕 下巻 帝国の秘密とテロルの嵐
あ~~、今まで信じていたことが、、本当のことを知ってください。(;´Д`)
幕末維新から対米戦争まで、恐ろしい史実が隠されている
―三菱財閥の資金で政敵をテロで排除しながら大日本帝国を支配した田中光顕の策謀―

日 本には未だかつて存在しなかった複雑怪奇な人間。日本の暗黒を創り、それを操った。類いなき知性の持ち主でもあり、芸術を愛しよく理解した。二重・三重の 人格保持者であって、本当の姿を知る者は誰一人いなかった。時に暗殺者であり、時に慈善家であった。愛と憎しみが心の中で一体となっていた。聖人君子の風 貌を持つこの男は善悪の彼岸から日本人を観察し続けた。その予言能力は他の人間を抜いていた……ここに日本の悲劇があった。

[下巻目次]
第八章:田中光顕、宮内大臣を罷免される
第九章:三菱という巨大財閥と田中光顕
第十章:大正天皇と貞明皇后、そして田中光顕
第十一章:大正天皇・悲劇の演出者たち
第十二章:昭和宮中某重大事件の謎を追う
第十三章:すべての暗殺事件は八百長である
第十四章:かくも日本の闇は深い