わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!
船井幸雄氏 推薦!
「新聞・テレビが報道しないびっくりする情報、本物の情報、その数々がここにあります」

今日もメディア は、皮層の情報しか流さない。深層は永遠に闇の奥に隠蔽される。それどころか虚報が“真実"の衣をまとって、垂れ流される。テレビも新聞も、教育ですら、 マインドコントロール装置と化してしまった。しかし、おそらく99%の人々は、この戦慄の事実に気づいてすらいない。だから、わたしは決意した。メディア のタブーひとつひとつを、掘り起し、伝えていく作業にとりかかることを。

日本社会には「言ってはいけない真実」がある

目次
はじめに―真実を伝える、という決意
プロローグ:隠された真実―マスコミ100のタブー
・マスコミ100のタブー
・食品…偽りの栄養学とCMで人類は皆、“餌付け"されている
・農業…農薬、化学肥料漬けの近代農業は狂った選択だ
・環境…化学物質、電磁波の2大汚染が人類を滅ぼす
・電磁波汚染…「うちは書けない」と、マスコミは口をつぐむ
・医療…近代医学は“野戦病院"の医学、9割の慢性病には無力だ
・がん治療…抗がん剤で毒殺、放射線で焼殺、手術で斬殺
・建築…コンクリートと鉄と化学建材が健康も景観も破壊した
・危険な都市…利益優先、乱開発で日本の都市は世界一アブナイ

PART1:抗がん剤で殺されている日本人
・「猛毒抗がん剤」ではがんは治せない
・戦慄! 抗がん剤の「取扱いマニュアル」

PART2:病院で殺される―あまりにも恐ろしい日本の医療
・有害無益な“5大検診"病人狩りキャンペーン
・「長生き」したけりゃ食べてはいけない、腹六分で寿命2倍!
・昭和天皇を“殺した"「輸血」

PART3:マスコミが沈黙する日本の危機
・隠された真実―チェルノブイリ事故も地震で起こった
・巨大地震で超高層ビル、大崩壊!
・リニア新幹線、10兆円の大暴走
・300万世帯がだまされた! 本当は損する「オール電化住宅」

PART4:生き延びるために知れ―生命を脅かす恐怖
・水資源は“第2の石油"に
・水道管から発がん塗料が! 日本中の水道水が危ない
・500トン猛毒ヒ素を隠す八ッ場ダム
・モンサントは、もうゆるさん―醜悪な農業マフィアの大罪
・遺伝子操作食品の恐怖“フード・インク"が生み出す怪物たち
・あとがき

船瀬 俊介
ジャーナリスト、評論家。1950年、福岡県生まれ。九州大学理学部中退、早稲田大学第一文学部社会学科卒業。大学在学中より生協活動 に携わる。日本消費者連盟の編集者を経て1986年独立。1996年に共同執筆した『買ってはいけない』が大きな反響を呼び、以後も主に消費者・環境にか かわる分野の著書の執筆、講演活動を続けている。