a1180_010268
光熱費が節約できて、良いように思えますが、、ヽ(TдT)ノ

高断熱高気密住宅があたりまえになりました。

高温多湿の日本では、温度と湿度の関係で、結露してしまいます。

冷たい水を入れたコップに、水滴がつく原理と同じです。


結露がカビを発生させる元になります。

料理の煮炊きによる水蒸気、加湿器、など様々な原因が考えられます。


結露対策は大きな問題です。

解決策として、「換気」が大事になります。


窓を開けるとか、換気扇を回すのです。

お風呂やトイレの換気扇を回しつづけるという方法も有効です。

炭をオブジェとして部屋に飾る方法もあります。
炭は、臭いだけでなく、湿気を吸ったり吐き出したりしてくれます。

床材の下に木炭を敷き詰める方法もあります。


冷暖房を控えて、温度差を少なくするというのも良い方法です。


空気中のカビを吸い込むと、過敏症になり、くしゃみや咳が出たりします。

酷い時は、肺炎の原因にもなります。水虫もカビが原因の場合があります。


結露をしないような環境づくりを考えてください。

(*´Д`*)