a0002_011998
意味を知って、いつも言ってくださいね。(*^・ェ・)ノ
「いただきます」は、食事に携わってくれた方々への感謝の気持ちです。

まずは、太陽・雨・土・水など自然への感謝
野菜を育てて下さった方、魚を捕って下さった方、動物を育てて下さった方
料理を作ってくれた方、、配膳をしてくれた方への、、
その食事に携わって下さつた方々へ感謝のこころを表しています。

食材への感謝です。肉や魚はもちろんのこと、野菜や果物にも命があると考え、
「○○の命を私の命にさせていただきます」とそれぞれの食材に感謝して頂くのです。

「ごさそうさま」も、感謝の気持ちを表しています。

特に昔は、食材を揃えるのは大変なことでした。
「馳走」は走りまわるという意味です。
食事を出してもてなすために奔走する様子をあらわしています。

いろいろと大変な思いをして食事を準備してくれた方への感謝を込めて
「様」がつき、食事のあとに「御馳走様」「御馳走様でした」と挨拶するようになったのです。

「いただきます・ごちそうさま」を言って、感謝して食事をすれば、
元気になること間違いなしです。
(☆゚∀゚)(´∀`*)