ハーブでガンの完全治癒
イソプロピルアルコールを摂取しないことも、ガン予防になります。
アメリカで大ベストセラー。100の症例が語る驚くべき「ガン理論」と「ハーブ治療法」。

寄生虫、溶剤、カビ、金属などをガンの原因として取り上げたユニークな研究。
カナダ人生理学者による理論と観察に基づいて、
ハーブによる寄生虫の駆除を中心にした独自の「ガン治療法」を提案。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

快療法の瓜生先生も、LET(一般的にはОリングテスト)で、
寄生虫や重金属がガンを発症させることを、理解しておられました。

今でも、快療法では、寄生虫をLETでみつけて、
薬草茶やオニグルミのエキスで、駆除しています。

自身も、快療法のセミナーで乳がんと診断され
センタイ(セミの抜け殻)と丁子とヨモギと蛇舌草のお茶で駆除しました。

お茶だけでなく、食事療法やアイロンによる温熱療法もしました。
結果、1ヶ月程度で、消えたと診断されました。

ガンであれば誰でも、同じお茶が合うとは限りません、ご注意ください。
(´∀`)(⌒-⌒)