a1130_000313
音訳のボランティアグルーブに参加して、約半年経ちました。
目の不自由な方のために、広報などを録音しています。
30年ほど前に会社のボランティア活動で、音訳をしていました。

仕事の傍らなので特別にゆっくり気ままに、3年ほど活動しました。
本を2冊録音図書に入れさせて頂きました。

標準語で読むことになっていますが、名古屋弁のアクセントに、、、
滑舌や読む速度、マイクの使い方、声の大きさ、アクセント、

分かりやすく、聞きやすく録音するのは、それなりの訓練が必要です~♪
またまだ、慣れないので校正していただく方に、迷惑をかけている状態です。

その当時は、カセットテープに吹き込んでいました。
今は、パソコンを使い録音します。
パソコンはテープに比べれば、編集がとても簡単にできます。

部屋の整理をしていましたら、30年前に録音したテープが出てきました。
聞いてみたら、今の自分の声とは全く違いました。

他人かと思うような、若い声なのです、、(; ̄Д ̄)
若い時には、こんな声なのかと、、、、、新しい発見です。
v( ̄∇ ̄)v(^∀^)