モクレンの日常

楽しく幸せに暮らすために必要な健康です 健やかに健康を手に入れるためのヒントに
して頂けますように~   「いのちの法則 快療法」をお譲り出来ます

1995年 卵巣腫瘍で手術をし卵巣と子宮を摘出しました。
2003年 快療法を学んだ時に、乳ガンといわれましたが、
病院で検査もせず、自然療法を実践し、ガンを消しました。
おかげさまで1998年以降、医者さんに診てもらうことなく暮らしています。
健康不安がなく、有り難いことです。

石鹸でも小麦アレルギーが起こっていました!?


茶のしずく 「悠香」 ご記憶の方もおられるかと思います。( -д-)ノ
まとめサイトより 一部 引用
http://matome.naver.jp/odai/2139529625960117601

茶のしずく石鹸事件

2005 年から2010年に延べ約467万人に対して販売された「茶のしずく石鹸」約4,650万個について、同製品に含有される小麦加水分解物により、小麦アレ ルギーを発症する事例(重傷者だけでも66人)が報告されており、厚生労働省は2010年10月に消費者に対し、加水分解コムギを使った石鹸全般に対する 注意を発表した。

悠香は、同年12月8日より小麦加水分解物を含有しない新製品の出荷 と、同社のウェブサイトとダイレクトメールなどにより注意喚起と返品交換のお知らせを開始した。その後2011年5月20日に以前に出荷した旧製品の自主 回収を開始した。旧製品を使用して呼吸困難や意識不明などのアナフィラキシー症状を発症する例も報告されており、国民生活センターは旧製品の使用中止を呼 び掛けた。

なお、加水分解コムギ自体は化粧品等で広く使われている成分であるが、茶のしずく石鹸に含まれる加水分解コムギ「グルパール 19S」(片山化学工業研究所)を使用していたのは悠香が製造を委託していたフェニックス社のみであり、他社の製造した製品では同様の症例は報告されていない。もともと小麦に対してアレルギーをもっている者のみが発症するものではなく、アレルギーのない者であっても該当するコムギ成分を含有するものを使用等したことにより発症するようになる。  以降 省略


引用ここまで 

皮膚から有害性のある物質が吸収されても、アレルギーになるのです。

何が原因かわからない場合は、小麦を疑ってみる価値はありそうです。


食べ物だけでなく、皮膚にも要注意です。

v( ̄∇ ̄)v(´∀`)






コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新トラックバック
アクセスカウンター
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード