2015/11/21 に公開

http://www.videonews.com/
ニュース・コメンタリー (2015年11月21日)
 約130人の死者を出したパリの同時多発テロから一週間が過ぎた。今回はレストランや­コンサート会場での銃乱射やサッカー・スタジアムでの爆発など、その無差別性に衝撃を­受けた人も多かったはずだ。

 ネット上ではフェイスブックのアイコンにトリコロールを彩るなど、フランスとの連帯を­表明する人が多く見られた一方で、先進国側がこれまでにはるかに多くのイスラム教徒を­殺害してきた歴史を指摘し、フランス側の犠牲を過大に取り上げることへの反発を表明す­る人も見られた。

 パリのテロ事件に対する反応は様々だが、二つだけはっきりしていることがある。それは­、まず一つ目が、テロに対する先進国側の反応はほぼ例外なく、テロの首謀者側が期待し­たものとなること。そして二つ目が、それが十分にわかっていても、先進国側は報復や過­剰反応を避けることができない宿命にあるということだ。

 今回のテロに衝撃を受けたフランスを含む先進国側が、テロ対策を理由に人々の国境間の­移動に制約を設けることも、国内のイスラム系住民への取り締まりを強化することも、さ­らにはISILに対する空爆を拡大することも、まさに今回のテロの首謀者たちが期待し­ていた反応だった。特にイスラム国は、アメリカをはじめとする先進国を戦争に引き込む­ために、あえて人質の斬首処刑シーンをネット上に公開して見せるなど、常に緊張のエス­カレーションを狙った行動をとってきた。大国との緊張のエスカレーションによって、自­分たちの存在に対する認知度が上がることを期待しての行動だと考えられている。

 そして、それが痛いほどわかっていても、先進国の政府はこれだけの犠牲を出し、恐怖が­蔓延する事態を招いたテロの首謀者たちに対し、国民の応報感情に応えるために何らかの­報復をしなければならない立場に置かれている。

 早い話が、これは最初からテロリスト側に圧倒的に有利な戦いなのだ。

 しかし、空爆の強化やテロリストの取り締まりの強化をいくら行っても、問題の本質的な­解決にならないことは明らかだ。なぜならば、テロの根幹にはそれを生み出す土壌があり­、その土壌を手当てしなければ、仮に激しい空爆によってISILを殲滅することができ­たとしても、どの土壌から次のテロリストが生まれてくることは必至だし、次に出てくる­テロリストはより暴力性や残忍性を増したものになる可能性が高い。

 ある病気に罹った時、とりあえず痛みがある時は西洋医学に基づく痛み止めなどを処方す­る対処療法はやむを得ないとしても、病気を根治させるためには、長期的に病気の原因に­働きかける東洋医学的なアプローチが不可欠になる。・・・・

 21世紀がテロの世紀となることはもはや避けられそうにない。しかし、そのテロにわれ­われがどう対応するかによって、この世紀が単なるテロの世紀となるか、テロの挑戦を受­けた文明がテロを打ち負かした世紀となるかが変わってくる。

 衝撃的なテロ事件を受けて、今、われわれが考えておかなければならないことは何かを、­ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。