a0001_015271
面倒だと思えば面倒です (・∀・)つ
美味しい出汁があれば、料理も必然に美味しくなります。
昆布とシイタケとかつお節で取っています。

外食や出来合いの総菜・弁当には必ず化学調味料が入っています。
自宅では化学調味料の使用は極力止めてください。

「わらのごはん」 船越康弘さんに教えて頂きました。
今までの料理本にない・常識とはちょっと違う取り方ですが、お試しください。

水 5ℓ 花かつお 50g 干しシイタケ 15g 昆布 15g
材料の量は、使用量や鍋の大きさで調節してください。

出汁の取り方
1.昆布とシイタケとかつお節と水を全部鍋に入れて、火にかけます。
2.沸騰したら、昆布を引き上げて15分が弱火で煮ます。
3.火を止めてこします。(一番出汁)
4.残ったシイタケとかつお節に再び水を入れて火にかけます。
5.沸騰したら弱火にして15分煮ます。
6.火を止めてこします。(2番出汁)

冷めたら、瓶に入れて冷蔵庫で保存しています。
冬場なら1週間程度、夏場は5日間程度を目安に保存しています。

以前、誰か忘れましたが、料理研究家が「家庭料理の場合、
出汁のかつお節は、グラグラ煮た方が家庭の味で美味しい」と言っていました。

忙しくて出汁を取る時間がないときは、出汁パックもよいかな?
美味しい出汁で、美味しい料理、幸せがきます。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)