a0002_004341
見るだけなら綺麗なのですが、、、
本当に必要なのでしょうか?
光害(ひかりがい、こうがい)になっているのではないでしょうか?

年々、過剰な照明使用になっています。
夜空を見上げても美しい星を見ることができません。

夜間の過剰な照明は、走光性(光刺激を受 けて行動すること)をもつ虫の
飛行能力や行動に影響を及ぼすと考えられます。

夜間も長時間光を浴び続けた植物への影響も報告されています。
紅葉の時期の遅れは光害がもた らしたものだと思われます。

過剰なイルミネーションはエネルギーの浪費にも繋がります。
ヒートアイランド現象や地球温暖化の進行を一層促して いるのではないでしょうか?

発光ダイオード(LED)を使用し「エコ」をアピールするイベントが増えています。
LEDの普及でイベントの規模が大きくなったり、個人でイルミネーションを施す家庭が増えました。

LEDへの置き換えだけでは使用エネルギーの削減になっているとは思えません。

イベントの時間や期間を見直し、エネルギー削減のきっかけにしてほしいものです。
(・∀・)つ Σ(´д`;)