20160105_182325-1
話ができる人はひとりでもいいです (^_^)v
信頼できる人がひとりでもいれば、十分です。
理解してもらえれば、安心出来ます。

誰かに話をするということは、自身の頭の中を整理しなければ、相手に伝わりません。

整理が進むと、気づくことがあります。
頑なに守っていたことが、つまらない見栄と意地なのかもしれません。

ここのところが、大事なのです。
友人・家族に話せる人がいなければ、カウンセラーなどの専門家に頼るという方法もあります。

モクレンとスカイプで話をすることも出来ます。
話せる人がいなければ、ノートに書いて整理しても良いです。

心を開いて、整理して、これからの生き方を見直します。
それが、退職や離婚ということになるかもしれません。

ガンという病気で苦しむのか、心を開いて生き方を変えるのか?
あなた次第です!? \(^o^)/ (*_*)