a1320_000076
宣伝に乗せられていませんか?
テレビや雑誌の広告をみていると、心が揺らぎます。
なんとなく身体に良いような、気持ちになってしまいます。

漢方薬で売られている薬草も、天日干しではありませんし、
切ったり・袋詰めする過程で、薬効が抜けていっています。

粉末にしたり、顆粒にしたり、カプセルにしたり、液体にする過程で
何がしらの、添加物・防腐剤や酸化防止剤が入っています。

瓶に詰めたりする場合も、サプリメントだけでなく食品も含めて
何がしかの消毒が義務付けられています。

手軽に飲めるということは、良いことのようですが、
必要な成分が本当に入っているのか、疑わしいです。

反対に、添加されている成分が身体に良くないこともあります。
生薬でなく、化学薬品で作られているものもあります。

「レモン10個分」のビタミンCは、一日の必要量には多すぎます。
「ほうれん草5束」も、一日で食べられる量ではありません。

サプリメントは薬ではないので、副作用はないと思われていますが、
有効と思われる栄養素も摂りすぎは危険です。

体調が悪い時に、少しだけサプリメントの力を借りることはあっても、
恒常的に、摂ることは、薬同様に危険です。

栄養は、日常の食事からバランスよく摂ってください。
美味しい、手料理に勝る、栄養源はありません。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)