a0960_006703
増え続けています (・∀・)つ
現代西洋医療では、慢性病の改善に効果はありません。
症状に対する、対症療法では、根本治療にはなりません。

対症療法とは、鎮痛剤や解熱剤で症状を緩和します。
原因を改善するわけではないのです。症状が無くなれば、治ったことになります。

病院に行けば、どこが悪いかを簡単に検査で調べることが出来ます。
悪いところが判れば、そこだけを治療すればよいという考えなのです。

副作用の説明のないまま、長期間に渡って、薬を飲むことになります。
副作用が、新たな慢性病を引き起こすことになります。

安易に薬に頼っていると、取り返しのつかないことになります。
薬を飲めば良いという、考え方が医者にも患者にも、蔓延しています。

ガンも慢性病です。
ガンという病は、死と直結しているので、生活改善をする、絶好の機会です。

慢性病は、食事などの生活習慣が原因となっています。

腹式呼吸の実践、食事の改善、運動習慣の実行に加えて、
環境の見直し、生き方・考え方を改める機会にして下さい。

免疫力をアップして、慢性病を改善して、快適な生活に戻って下さい。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)