a1150_000289
そんなことが、、、w(゚o゚)w オオー!
信じられないかもしれませんが、あるのです。
60代 男性 肺がん末期

もうダメというので、友人が最後の宴会と称して、
最良の美味しいお酒を用意して、病室で酒盛りをしました。

昔話をしながら、楽しい時間を過ごしました。
悔いないという、満足感を味合うことができました。

その後、残ったお酒を棄ててしまうのももったいないので、
チビリチビリと楽しかった時間を思い出しながら、毎日少しづづ飲んでいたら、、、

元気になってきたのです。 不思議??? なことですが、ホントなのです。

最後の宴会ということ、お酒が大好きだったということ、楽しい時間を持てたこと、
精神的に吹っ切れて、前向きな考えに変わったからなのでしょう。

ガンや慢性病は、精神的なことに大きく左右されるのです。
お酒でも良いきっかけになります、食べ物だけ改善しても回復できません。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)