きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)
共感の1冊です (・∀・)つ
きょうだいは同じ境遇を分かち合った、かけがえのない同胞のはずだ。
しかし一方では永遠のライバルでもあり、一つ間違うと愛情や財産の
分配をめぐって骨肉 の争いが起こることもある。
実際、きょうだい間の葛藤や呪縛により、きょうだいの仲が悪くなるだけでなく、
その人の人生に暗い影を落としてしまうケースも 少なくない。
きょうだいコンプレックスを生む原因は何なのか? 克服法はあるのか?
これまでほとんど語られることがなかったきょうだい間のコンプレックスに鋭く斬り込んだ一冊。

著者 岡田 尊司
1960年香川県生まれ。精神科医。医学博士。作家。
東京大学文学部哲学科中退。京都大学医学部卒。
同大学院にて研究に従事するとともに、パーソナリティ 障害や
発達障害治療の最前線で活躍。
山形大学客員教授として、研究者、教員の社会的スキルの改善や
メンタルヘルスのケアにも取り組む。
現在、岡田クリニッ ク院長(大阪府枚方市)。
著書に『アスペルガー症候群』『境界性パーソナリティ障害』
『人はなぜ眠れないのか』『あなたの中の異常心理』『うつと気分障 害』
『発達障害と呼ばないで』『真面目な人は長生きする』(すべて幻冬舎新書)、
『母という病』『父という病』(ともにポプラ社)、『愛着障害』(光文社 新書)、
『人間アレルギー』(新潮社)などがある。小説家・小笠原慧としても活動し、
作品に、横溝正史賞を受賞した『DZ』『手のひらの蝶』『風の音が聞 こえませんか』
(すべて角川文庫)などがある。