a0001_015664
何でも食べればよいのです (・∀・)つ
病気や体調不良になった時には、食事制限は必要です。

元気であるなら、何を食べても良いし、
食べたいと思うものは、身体が欲しているのです。

添加物・防腐剤など化学薬品が混入されているものは、避けたいです。、
農薬・遺伝子組み換え食品も養殖された魚も、食べたくないです。

動物性のものも、放牧されているものを食べたいです。
少しでも安全な食品を食べたいという思いはあります。

無農薬の野菜でなければ買わない、コンビニの商品は買わない、
ファミレスには行かない、というのを厳密に守ってストレスを溜めないで下さい。

こだわり過ぎて友人と楽しく食事もできないのではいけません。
こだわりが強くて、他人に食事指導をしたりするのはいけません。

食べてはいけない物が、どうしても食べたいという欲望。
食べてはいけないと、こだわっているものを食べてしまった時の罪悪感。

こだわりが、新たに心の病気に繋がります。
意に反したものを食べても、すぐに体調不良になる訳ではありません。

こだわりは持たない方が良いですが、好き嫌いは誰にもあります。
こだわりと好き嫌いは違います。

嫌いなものを無理に食べる必要はありません。
嫌いというのは、自分に必要ないものなのです。

美味しく楽しい食事で、健康を増進してください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)