a0002_011561
やっぱり、8時間は眠りたいです (・∀・)つ

年を重ねると、入眠できないのではなく、夜中にトイレに必ず起きてしまう、
朝早く目覚めてしまうという、目覚めによる悩みが多いようです。

寝つきが良くなるのは、若い時に比べ疲れやすいからです。
眠り続けるのには、体力が必要ですから、体力が落ちているのです。

眠りを充実させるためには、生活習慣の改善が必要になります。
現在は病気ではなくても、眠れなくなると病気を発症しやすくなります。

運動習慣は、出来ていますか? 食生活は少食ですか? 
腹式呼吸をしていますか? 冷え症ではありませんか?

物音で起きてしまう習性もあります。危険が迫ると、目覚める本能です。
これを無くすために、小さくバックグランドミュージックを流すという方法もあります。

身体の表面体温が下がらないと眠りにくいですから、
寝室やシーツを冷たくして置くと入眠しやすいです。

健やかに眠れることは、健康増進は元より充実した人生に不可欠です。
良い眠りにを確保するにも、生活改善が必須です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)