a0730_000002
体験者の言葉でも同じことです (・∀・)つ
言葉では伝わらない心・思いがあります。

自分に体験がないことは、どんなに詳しく説明されても他人事。
同じような体験があれば、理解は深まりますが、同じではありません。

思いはつねに、言葉によって確認されます。
言葉がなければ、確かな思いとして意識されません。

体験の直後は何がしかの思いが心に残り、膨大な情報が蓄積されます。
過去の情報で確認しながら、言葉を探すのです。

過去の情報のない体験は、言葉にできません。
体験と思い・心と言葉は、同時には生まれないのです。

赤といっても、明るい赤からくすんだ赤まで、何種類もあります。
言葉で赤といっても、どんな赤色は伝えきれません。

事実は言語でないところにあります。
言葉は事実をあるがままに正しく伝えていません。

自由・平等・平和、良い言葉ですけれど、各自想像することは違います。
戦争の愚かさを実感できない人には、伝わらないのです。

自由・平等・平和を求めて、世界中が戦争に向かっている現実があります。
お互いに理想を言い合い、争いになっています。
。゜(´Д`)゜。ヽ(TдT)ノ